キレイを目指す情報サイト

キレイになあれ

【黒ずみも解消する??】バイオイルの効果的な使い方!

更新日:

バイオイルの効果

テレビCMなどで有名な「バイオイル」。

色素沈着が消えると芸能人が絶賛し、ブログで紹介したことから一躍話題になりました。

主にニキビ跡や妊娠線に効いたという口コミをよく見かけますが、果たして脇などの黒ずみにも効果があるのでしょうか?

このページではバイオイルは全ての色素沈着に効果があるのか、使い方や特徴などをまとめてみました。

バイオイルの使い方

バイオイルは元々傷痕に効くといわれ、様々な傷痕のケアに医療現場でも使われて来ました。

ここでは主にどういう使い方があるのかをまとめてみました。

スキンケアとして

使い方のパターンをまとめてみました。

  1. 化粧水→バイオイル→美容液or乳液
  2. 化粧水→美容液or乳液→バイオイル
  3. バイオイル→化粧水→美容液or乳液

どの使い方でも効果はありますが、必ず洗顔後に行うようにしましょう。

ボディケアとして

バイオイルは非常に浸透しやすいので乾燥がちな体全体のボディケアとしても有効です。

肌が乾燥しやすい方には入浴後すぐに塗るのと朝起きてからの1日2回の使用をおすすめします。

妊娠中の方は安定期に入ってから使用してください。

傷跡のケアとして

バイオイルは傷跡に浸透して目立たなくするといった効果もあります。

世界中の医療現場でも採用されており、乳がん手術後の患者さんや抗がん剤や放射線治療などによる皮膚障害の悩みを持つ方に使用し、8割の方が効果を実感しているほどです。

妊娠線などの予防としても使えるので傷跡のケアとして気になる部分に塗り込むように使用してください。

さまざまな傷跡に効くバイオイルの優れた効果とは

世界中の医療現場でも採用されているというバイオイルの様々な効果をもっと詳しく調べてみました。

ニキビ跡

バイオイルを塗っていたらニキビ跡が消えたという口コミをよくみかけます。

実際に私も試してみたところ、ニキビ跡が2週間程度でわからなくなりました。

ニキビの原因となるコメドが発生しないことが確認されているのでニキビ肌でも安心して使えます。

妊娠線

妊娠線(ストレッチマーク)は急激に皮膚が伸びることによって真皮が断裂し、ひび割れたような線ができてしまいます。

一般的に一度できてしまうと2度と消えないといわれていますが、出産後しばらくして塗り始めた人の中に効果があったという口コミもみられたのである程度の効果は見込めそうです。

しかし、最初から作らない事が一番大切なので妊娠後期になってからお腹に優しく塗って予防しましょう。

小じわ

バイオイルにはビタミンAやEなどの有用成分が含まれているのでエイジングケアにも効果的です。

気になるシワにピンポイントで使い続けていると改善されたという口コミも多くみかけます。

臨床試験でもシワの減少が確認されており、こじわにも有用な製品だといえます。

傷跡のケア

バイオイルにはビタミンAやビタミンEの効果で肌のターンオーバーを正常化したり、血行をよくしたりする働きがあります。

傷跡は細胞が破壊された為に皮膚のターンオーバーがうまくいかず、色素沈着がいつまでも残りがちです。

そんな傷跡に毎日塗り込むことによって肌のターンオーバーを促し、傷跡を薄くするといった効果があります。

医療現場で使用された患者さんの8割以上が3ヶ月で改善したとありますので、体にできてしまっている傷跡にはぜひ使用してみてください。

シミ

バイオイルが一番期待されている効果はこのシミや黒ずみに対するものかと思います。

実際に口コミではシミが消えたというものを多く見かけていましたので実際に私も試してみました。

顔にそばかすやシミなどが多かったのでその部分に集中的に塗り込んでいましたが、確かにちいさなこまかいそばかすやニキビ跡は気づいたら無くなっていました。

しかし、頬の部分にある1cm大の気になるシミには全く効果を感じませんでした。

試用期間は5ヶ月だったんですが、根深いシミには効き目がない様子でした。

顔の根深いシミにはハイドロキノン配合化粧品を使用していると3ヶ月でほとんど目立たなくなっています。

バイオイルは化粧品と混ぜて使用できる為、ハイドロキノン配合化粧品と混ぜて使用することをおすすめします。

市販でおすすめのハイドロキノン配合化粧品5選!【美白で高評価】

ハイドロキノンはメラニンの元を抑える力が一般的な美白成分の100倍とも言われています。 シミを漂白するほどの効果があると言われているので一度は試してみたいですよね。 でもどこで購入できるのか?肌への刺 ...

続きを見る

バイオイルの効果と使い方のまとめ

まとめるとバイオイルはとても多くの効果を期待できます。

  • ニキビ跡
  • 妊娠線
  • 小じわ
  • 傷跡のケア
  • シミ

これらの中でバイオイルの効果を、特に期待できるのはシミケアです。

美白化粧品黒ずみクリームハイドロキノン配合化粧品などと組み合わせてバイオイルを活用すると効果的です。黒ずみケアのお供として活用されてはいかがでしょうか?

ちなみに黒ずみケアにおすすめのクリームはこちら。

黒ずみクリームランキング
黒ずみ(色素沈着)を解決するクリーム10選!総合比較ランキング

関節の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみってなかなか取れませんよね。 身に覚えがないのにところどころ黒ずんでいたり、肌荒れの跡や怪我の跡など、肌を露出する夏には特に目立ってしまいます。 黒ずみは肌にダメ ...

続きを見る

 

-黒ずみケア
-

Copyright© キレイになあれ , 2018 All Rights Reserved.