キレイを目指す情報サイト

キレイになあれ

くるぶしのカサカサは黒ずみの原因に!原因と解決方法はこれ!

更新日:

黒ずみのないくるぶし

夏になると露出する事が多くなりますが、足元のケアは大丈夫ですか?

男の人からもエスカレーターなどで何気なく足元は見られています。

そんな時、くるぶしが黒ずんでいると「なんだか清潔感がなさそう・・・」なんて思われているのかもしれません。

せっかくかわいい靴を買ってもくるぶしが汚いと台無しです。

このページではそんなくるぶしのカサカサや黒ずみの原因と対策を解説しています。

くるぶしが黒くなる原因

普段お肌のケアはしていても、なかなかくるぶしを見る機会はありませんよね。

気づいたら黒くなってなんだかカサついていたりしませんか?

実はくるぶしが黒くなるのは乾燥や摩擦によるものが原因です。

くるぶしが黒くなる原因には主に下記のようなものが挙げられます。

  • 靴や靴下による摩擦
  • 冷え性による角質の蓄積
  • 洗いすぎによる乾燥
  • 正座等による物理的な刺激

くるぶしのカサカサや黒ずみを解決するには?

くるぶしのカサカサや黒ずみを解決させるためには日頃のケアが必要です。

きちんと原因を理解して、早めの対策をする必要があります。

物理的な刺激を防ぐ

くるぶしが床についた体制で日常を過ごしたりしていませんか?

正座などの物理的な刺激はメラニン色素を過剰に発生させる原因となります。

くるぶし部分に皮膚炎などの症状がある場合は早めに治し、これ以上炎症させないようにすることも大切です。

やむをえず正座などをする場合はマッサージなどで血行をよくするように心がけましょう。

冷え性を改善する

実はくるぶしは冬には寒さにさらされ、夏場は冷房で冷えるなど、一年中寒さにさらされています。

冷え性により血行が悪くなるとくるぶし部分の皮膚の角質が厚くなり、乾燥や黒ずみの原因となります。

肌の新陳代謝を活発にすることによって新しい皮膚と生まれ変わりますが、冷え性になるとこのサイクルがおかしくなり、肌の生まれ変わりが正常ではなくなってしまいます。

綺麗な肌にするためには肌サイクルを元に戻す必要があるので、冷え性を改善して古い角質を無くしましょう。

保湿ケアを行う

くるぶしの乾燥を放っておくと、角質がどんどん厚くなり、黒ずみが目立つようになってしまいます。

肌状態がよくないとターンオーバーも正常に行われず、いつまでもメラニンを排出する事ができない状態になってしまいます。

乾燥や黒ずみを防ぐためには毎日保湿ケアを行うことが大切です。

すでに黒ずみがある場合は普通の保湿クリームではなく、黒ずみケアのできる保湿クリームをおすすめします。

厚くなりすぎてしまったくるぶしにはピーリングで対策を

せっかく黒ずみケアクリームを塗っていても、角質が厚くなりすぎては効果が半減してしまいます。

肌状態が悪くないなら黒ずみクリームとピーリングの併用をおすすめします。

ピーリングが有効である理由は冷え性や摩擦によってくるぶしの皮膚が厚くなると、古い角質が積み重なってどんどん厚くなってしまいます。

ピーリングで正常な皮膚の生まれ変わりが行われなかった古い角質を剥がすことによって、皮膚の生まれ変わりを促進してくれるからです。

ただ、これにはリスクがあり、アトピー肌や敏感肌などはもともと皮膚が薄く乾燥しやすい為に肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

敏感肌といってもすべてが同じ症状ではなく、私の場合はくるぶしには症状がなかった為、ピーリングをしても荒れませんでした。

一度部分的に試してみて難しそうだったら黒ずみケアクリームで時間をかけてケアすることをおすすめします。

くるぶしの正しいケアでサンダル美人を目指そう!

くるぶしの黒ずみの原因は乾燥や摩擦によるメラニンの過剰な発生です。

普段意識していないと黒ずみの原因となる行動を行なっている可能性があります。

まだ黒くなっていないうちは保湿クリームで保護し、すでに黒くなっている場合は黒ずみケアのクリームで早めの対策を行いましょう。

黒ずみクリームランキング
黒ずみ(色素沈着)を解決するクリーム10選!総合比較ランキング

関節の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみってなかなか取れませんよね。 身に覚えがないのにところどころ黒ずんでいたり、肌荒れの跡や怪我の跡など、肌を露出する夏には特に目立ってしまいます。 黒ずみは肌にダメ ...

続きを見る

-黒ずみケア
-

Copyright© キレイになあれ , 2018 All Rights Reserved.